NPOホタルの会
NPOホタルの会へようこそ 会からのごあいさつ ホタルの生態とその一生 ホタルと日本人・蛍狩り 支部活動のご紹介
ホタルの里づくり ホタルの飼育方法特集 活動事例のご紹介 ホタルの窓 水のしらべ方
子どもたちとともに 陸生ホタルについて ホタル写真の撮り方 南の国のホタルたち 書籍とリンク集

活動事例のご紹介  

浅虫温泉(青森市)
地名の由来は、昔、麻を温泉で蒸していたことから。

   asamusi

東北新幹線「はやぶさ」は、世界最速320km。

東京〜新青森が、遂に3時間をきりました。青森

から「青い森鉄道」に乗り換えて、20分弱。

浅虫温泉駅到着です。陸奥湾を臨む浅虫温泉

の歴史は古く、平安時代に法然上人によって紹

介され、「ねぶた」発祥の地としても有名です。

そして、地名は何と浅虫蛍谷。鎌倉時代に

命名されたそうです。

  asamusimap
「蛍谷」は、浅虫川を包む広大な里山に抱かれています。そして、「ゲンジボタル」「ヘイケボタル」「ヒメボタル」の3種類が同時に鑑賞できる、日本で雄一の場所でもあります。

 

heikehime

 

 

7月1日〜31日の期間は、毎夜ホタルガイドさんが、皆様をごあんないします。ゲンジボタルは、6月から舞っています。

お問い合わせは

蝦名会長 090-6451-3908 へ。

 


ゲンジボタルゾーン
f g

ヘイケボタルゾーン

3反歩の水田を借り、水を張って湿田にしました。

h i

ヒメボタルゾーン

8月中旬まで楽しめます。


  
  kouenkai
講演会風景
 経済産業省より、当会に「ホタルでまちおこし」の講演会要請がまいりました。青森商工会議所、浅虫温泉観光協会の協賛で、会場は熱気あふれんばかりでした。


当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
Copyright 2007-2011 NPOホタルの会. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.