NPOホタルの会
NPOホタルの会へようこそ 会からのごあいさつ ホタルの生態とその一生 ホタルと日本人・蛍狩り 支部活動のご紹介
ホタルの里づくり ホタルの飼育方法特集 活動事例のご紹介 ホタルの窓 水のしらべ方
子どもたちとともに 陸生ホタルについて ホタル写真の撮り方 南の国のホタルたち 書籍とリンク集

支部活動のご紹介とホタル写真の撮り方

NPOホタルの会 松伏支部(埼玉県)
松本道宏会長

松本 道宏  会長

埼玉県ホタル保全協議会 役員

 松伏町は、埼玉県東部、江戸川と中川にはさまれた、用水路が行き交う水田地帯です。今から40年前までは、夏には家の中までホタルが飛んできたものです。
のどかな人の心は変わっていませんが、環境が変化してしまいました。
用水路はコンクリートでかためられ、灌漑路も水が抜かれてしまいます。
「さいたまにホタル」を合言葉に、会員は飼育活動に励んでおります。
ホタルが棲める自然の再生を夢見ながら、「ホタルの光」を消さないよう、日本の貴重な情緒を次代に引き継いでいけるよう。
飼育小舎 用水路
飼育小舎で10,000匹のヘイケボタルを育てています。猛暑の今夏は水温調節に苦労しました。
幼虫の好餌「タニシ」の生息地です。春先き、用水路に水が入ると大発生します。
「ヘイケボタル飼育装置」

松本さん考案の飼育セットです。試行錯誤の末、産卵、上陸共に水苔を使っています。

ヘイケボタル飼育装置  
 
ヘイケボタル飼育装置


当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
Copyright 2007-2011 NPOホタルの会. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.