NPOホタルの会
NPOホタルの会へようこそ 会からのごあいさつ ホタルの生態とその一生 ホタルと日本人・蛍狩り 支部活動のご紹介
ホタルの里づくり ホタルの飼育方法特集 活動事例のご紹介 ホタルの窓 水のしらべ方
子どもたちとともに 陸生ホタルについて ホタル写真の撮り方 南の国のホタルたち 書籍とリンク集

ホタルの窓

環境行政の近況
NPOホタルの会理事 宇田川弘康
 環境行政の近況として、先日策定された「21世紀環境立国戦略」をご紹介します。 国内外挙げて取り組むべき環境政策の方向を明示し、今後の世界の枠組み作りへ我が国として貢献する上での指針として、本年6月1日に「21世紀環境立国戦略」が閣議決定されました。 その内容は、以下のとおりです。
「21世紀環境立国戦略」

1.地球環境の現状と課題
  (1) 地球規模での環境問題の深刻化
  (2) 持続可能な社会に向けた取組
2.「環境立国・日本」の創造・発信
  (1) 持続可能な社会の「日本モデル」の構築
  (2) 「環境立国・日本」に向けた施策の展開方向
3.今後1、2 年で重点的に着手すべき八つの戦略
戦略1 気候変動問題の克服に向けた国際的リーダーシップ
戦略2 生物多様性の保全による自然の恵みの享受と継承
戦略3 3R(リデュース、リユース、リサイクル)を通じた持続可能な資源循環
戦略4 公害克服の経験と智慧を活かした国際協力
戦略5 環境・エネルギー技術を中核とした経済成長
戦略6 自然の恵みを活かした活力溢れる地域づくり
戦略7 環境を感じ、考え、行動する人づくり
戦略8 環境立国を支える仕組みづくり
  「1.地球環境の現状と課題」として、生態系の危機が問題となっており、人間活動による土地改変や環境汚染などにより、生物多様性が喪失し、生態系が劣化している。また、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の報告では、地球温暖化で気温が1.5℃以上上昇すると生物種の約30%が絶滅する可能性が高くなるといわれています。 国内においても、野生生物の生息環境悪化や絶滅のおそれ、里地里山の放置による生態系の劣化、外来生物等による在来種の減少など、今や深刻な状況にあるといわれています。
 「2.『環境立国・日本』の創造・発信」では、古来より私たち日本人は、生きとし生けるものが一体となった自然観を有しており、自然を尊重し、共生することを常としてきた。我が国には、例えば里地里山に代表されるように、自然を単に利用するだけではなく、協働して守り育てていく智慧と伝統がある。
こうした伝統的な自然観は現代においては薄れつつあるが、自然に対する謙虚な気持ちを持って、協働して自然を守り育てていくという智慧と伝統は、持続可能な社会を目指す上で、我が国のみならずアジアを始めとする世界へ発信する意義があるとしています。
 「3.今後1、2 年で重点的に着手すべき八つの戦略」のなかでは、我が国の自然共生の智慧と伝統を活かしつつ、現代の智慧や技術を統合した自然共生社会づくりを、里地里山を例に世界に発信することを提案。さらに、社会経済活動において生産性を重視するあまり、生物多様性の喪失が進んでいる地域も世界には見られることから、世界各地にも存在する自然共生の智慧と伝統を現代社会において再興し、さらに発展させて活用することを「SATOYAMAイニシアティブ」と名付けて世界に提案し、世界各地の自然条件と社会条件に適した自然共生社会を実現することとしています。 また、みんなの故郷(ふるさと)づくりを進めるため、NPO等と地域のネットワークを構築し、都市住民や子供たちによる里地里山の「手入れ」なども提案されています。
ホタル
 ホタルの保護活動は、日本各地で様々な団体、個人により実施されていますが、これまでの主流である「ホタルの幼虫を飼育して放流する」といった活動では、ホタルが自然界で増えていくことは考えられません。このような活動から一歩進んで、里地里山(ホタルの生息地)の保全活動を行うことにより生物多様性が豊かになり、その結果としてホタルが増えるといったことが、これからのホタルの保護活動であるべきと考えます。

環境省21世紀環境立国戦略ホームページ
http://www.env.go.jp/guide/info/21c_ens/index.html



当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
Copyright 2007-2011 NPOホタルの会. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.